DRFC日記

メンバーの日常とかが覗けたりします。鉄道ネタもたまに書きます、きっと…

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ごあいさつを兼ねて…

はじめまして、2017年の広報でございます。
以後よろしくお願いいたします。
鉄道趣味ジャンルとしては、乗り鉄をメインに、模型(HOゲージ)や撮りにも少し手を出したりしております。
ここでは、そんな私のユルい旅行記や、何かしらを書いていこうと思っております。

早速第1回に入りましょう。今回はそんな乗り鉄のおはなしです。
去る3月4日の改正。毎年改正といえば列車の引退が取りざたされますが、ひっそりと消えていく列車もあります。
そのなかに、日本最長距離を走る普通列車である山陽本線岡山発下関行き369M列車というものがありました。
この列車、岡山から山陽3県を端から端まで走りとおすというもの。その距離384.7km。東京から西に向かえば、名古屋を越え尾張一宮まで行ける距離。これを7時間半かけて走り抜ける列車です。
もちろん、普通列車ですので18きっぷで乗車可能。
これは乗るっきゃない、ということで乗ってきました。

3月1日、決行の日。
大阪からは赤穂線経由で岡山へ
乗ったのはこんな電車
DSC06125_convert_20170312234106.jpg
213系です。こちら側はもとサハ213のクハ212-100。白い後付けの顔が特徴。
この列車で岡山に向かいます。
赤穂線に213系が入るのは比較的珍しいことのようで、一日に片手で数えられるほどとか。
もともと山陽本線のう回路で時間がかかりかつ18きっぷ期間は混雑する赤穂線ですが、この時は18きっぷシーズンの最初期だからか、空いていました。
途中からは、卒業式シーズンで花束を持った高校生たちがたくさん乗り込んできていましたが…

そんなこんなで岡山に到着。長旅の食料を買い込み、いざ369Mの待つホームへ。
早速列車に乗車…とその前に
DSC06130_convert_20170312234433.jpg
こちらも地味ーに改正でなくなるサンライナー三原行き。福山~三原の各停区間が無くなり、全て福山までとなるようです。

DSC06136_convert_20170313000504.jpg
下関行きの表示とマリンライナーが一緒になるのもこれが最後でしょうか…
しばし撮影タイムを楽しみ、16:15に列車は入線。
115系の濃黄色L-17編成。
DSC06140_convert_20170313001048.jpg
岡山駅で私が下関の表示を見ることはこれが最後でしょう…
16:17、369Mは本州最西端、下関へ向けて発車してゆきます。

ここから一路下関へ…だったはずなのですが
…アクシデントに見舞われることとなります
それはまた次回に
スポンサーサイト

| '17 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。