DRFC日記

メンバーの日常とかが覗けたりします。鉄道ネタもたまに書きます、きっと…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

たなべ(図書館)のほんだな

まだテストやレポートの残っている皆さん、
あるいは鉄道同好会入会目指して頑張っている諸君は
終わってから見ましょうね←。


おはようございます、いわたです。


それにしても寒いです。
本当は今日旅立とうと思ったんですが、多忙につき来週に延期。
別に寒いからじゃないんですけど、
来週まだ雪あるかな?雪の米原に遭遇したいんだけどな。

それにしても、米原地区の雪による新幹線の遅れが本当に短くなりましたね。




ということで、そろそろ本題に移りましょう。

『鉄塾 : 関東VS関西 : 教えて!都市鉄道のなんでやねん? 』
驚くことなかれ。著者はあの中川家の礼二、

そして原武史さんという、真面目な鉄道本を書かれている方のタッグという。


最初に二人で名古屋からアーバンライナーに乗る話と
例えば私鉄王国言うけど、JRに負けてますやんっていうツッコミなど
日常の関西の鉄道の疑問に迫っていく
対談形式の本となっております。

まぁ、人が人なので、基本的にくすくす笑える本なのですが
黎明期の話などたくさん出るので、勉強にもなりますね。


ただ、個人的にちょっと嫌だったのが、
「あんなとこにあんなん作る必要性がわからん」、
「昔のあれはよかった」といったことに帰着してしまうのが……。

もうあるならある、作ったなら作ったで、
無駄な存在だとはわかっていても、
どうやって活かすかっていう悪く言えば悪あがきといったことが大事だと思うんです。

でも面白いから許します。


次にご紹介する本は、
『パノラマ地図と鉄道旅行 : JR奈良線開通111年記念』

111ってえらい中途半端やな!ともいえますが、
展示品の目録も兼ねているようなので、
まぁ、黙っておいてあげてください。

パノラマ地図の紹介を中心に宇治周辺の鉄道黎明期について学べる一冊で、
おけいはんの初期パンフレットなど、
読まずとも見るだけでテンションが上がる一冊です。

地図好きにもいいかもしれません。
もちろん、デザイン関係に興味のある方も読むべきだと思いますね。


個人的にテンションが急上昇したのが四条畷が四條畷だったことですね。


それはさておき、
これらの本は、田辺の女子大の図書館にあります(笑)

是非取り寄せてみてはいかがでしょうか。

ただし、同じ校地の場合は取り寄せられないので自ら赴きましょう。
入退館システムの違いに戸惑うことでしょう。

しかしながら、
本棚は本棚で、机は机でドーン!
と並べられている様子は図書館らしく圧巻で大好きですね。


時間帯を選べばパイプオルガンが聞こえたり云々。

他にも私が生協行くたびに欲しいと思ってしまう「阪急電車のひみつ」と
「近畿日本鉄道のひみつ」があります(笑)

では、今日はここらへんで。
最近「な」の入る駅名を「にゃ」と言い換えるだけでとんでもない効果が生まれてしまうことに木津いたいわたでした。

ほら、きょうたにゃべ。
スポンサーサイト

| '13 岩田 | 12:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメント















非公開コメント

トラックバック用URL

http://drfc.blog54.fc2.com/tb.php/161-2e7dfdf5

トラックバック

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。